面接のケーススタディ
@ネガティブな質問に対して

面接では、
多角的にあなたを『分析』しようと
様々な質問が面接官より飛んできます。

ネガティブな質問、
俗に『圧迫質問』と
呼ばれる質問もそのひとつです。

こういったネガティブ系の質問に関しては、
言葉の額面通りに捉えないようにしましょう。

このような際、面接官は、
「足りない経験・技術を必死でカバーする意思があるかどうか、窮地で諦めるタイプかどうか、ストレス耐性はあるか」 等のあなたの『内面』を探ろうとしています。

あくまでも『ポジティブ』に返すのが大切です。
表情に不快感や不安を出してはいけません。

「経験がないようだけれども大丈夫か」
といった質問に対しては、
「これまで未経験だったけども、一から学び、技能を修得して乗り越えた」
実績などを語るようにしましょう。

UP▲

~面接ガイドへ

Copy right(C)
面接ガイド
All Rights Reserved.