人事担当者の気持ち
ウソはバレる

面接では自分をより良く見せたくなるものです。
しかし、人には得手不得手があり、
未経験の事柄も無数にあります。

「履歴書」の項にも記しましたが、
『虚偽』は絶対に控えてください。

『何が出来て、何が出来ないか』を
正確に見極めるのも面接の中の重要な項目になります。

もしウソをついて『採用』されたとしても、
実際の業務に支障が出るようであれば
あなたは『解雇』される可能性があります。

そして、人事担当官は
『人を見るプロ』ですので、
重大なウソであれば
面接の段階でバレてしまうと考えた方が良いでしょう。

その場合、採用はまず無いと思ってください。

新卒での就職や、20代での転職では、
『今』よりも『この先』が重視されます。
「この人は出来ない」では終わらず、
「この人は出来るようになるか、その意欲があるか」
が問われますので、

必ず正直に受け答えをしましょう。

UP▲

~面接ガイドへ

Copy right(C)
面接ガイド
All Rights Reserved.